横浜のセフレの故郷に初めて行った

か?そんなことはありますか?わからない。
親として、横浜のセフレはそれを生きて何かをするための可能な使命として解釈するしかない。

大会社に入る前
新幹線がなかった時代

父の故郷に初めて行った時
下の車の窓から
澄んだ空に横浜のセフレが輝いているのが見えます
父を除いて、「海だ、海だ」。
車の中でとても楽しい…
多分横浜のセフレはそこにいました、
他の乗客のために
迷惑な家族
だったに違いない(笑)

父は
「何も、静かに」
言った通り(笑)

今日はたくさんの時間がありました
横浜のセフレを使わない従来の路線
そこにあるように見える場所を通り過ぎました。

私が見た風景はその時でした…
58年前………
あまり変わっていないようです…

次回は晴れたら行きたいです。
昨夜糸島市に引っ越して前原駅近くに泊まりました。糸島市には糸島という駅はありません。

それで、前原駅から徒歩15分以内ですね。そんなお店はありますか?おそらく驚くほど多様なレストランがありますが、現在は風邪で全滅しています。そこで、宿泊先として唐津を選びました。

ちなみに今朝は前原駅から車で15分の船越という漁村に行き、美しい海を眺めながらラーメンを食べました。世界的に普及しているにもかかわらず、こんなに美しい景色を見ながら即席めんを食べる人は少ない。 (笑顔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です